What’s Moringa? モリンガの効能

 気持ちよく生きる 毎日のために ー

 

リンガとは?


★ どこで取れる?

北インド原産のワサビノキ科の植物で主に熱帯や亜熱帯地域に自生しています。

★ 地上最強のスーパーフード!
地球上の食べられる植物の中で「最も栄養素が高い植物」といわれるほど、豊富な栄養素を含むことから「奇跡の木」とか「緑のミルク」などと呼ばれます。たんぱく質・食物繊維の他、抗酸化物質や不飽和脂肪酸、ミネラルなど身体に良いといわれる90種類の栄養素をバランスよく含んみ、その効能効果は300種類ほど報告されています。
生命力がとても強く、根・幹・葉・花・種まで全てが利用できる栄養豊富な植物です。

★ 国連が認めたスーパーフード 国際連合世界食糧計画
「WFP」は、食糧が不足している国や天災などの被災国に対して緊急援助を行っている国連の機関です。 その「WFP」が、2007年「モリンガ」を採用しました。

 

リンガの心身へのパワー


以下のような栄養素を驚くほどの量で含んでいるモリンガ

健やかな心身をパワフルにサポートします。

★ 人間に必要な栄養素をほぼ網羅約90種類の栄養素

必須アミノ酸を含む19種類のアミノ酸
身体を作っているのはタンパク質。その材料になるのがアミノ酸。必要な20種類のアミノ酸のうちのモリンガには19種類が含まれています。
特に食べ物からしかとれない、必須アミノ酸9種類は全部含まれています。

★ 調子を整える7種類のビタミン
(ビタミンA・C・K1・B9・E・B7 等)

栄養素は他の栄養素と組み合わさって初めて「栄養」になります。
アミノ酸を効果的にとるのに必要なのがビタミンです。
ビタミンは「体の調子を整える」栄養素。
ビタミンをバランスよくとることで「なんか・・・調子悪い」が解消します。


 身体の臓器の反応を円滑にする8種類ミネラル
(カルシウム・鉄分・マグネシウム・カリウム・亜鉛 等)

ミネラルの一つである亜鉛が足りないと味覚異常になるのはよく知られています。
このようにミネラルはそれぞれの臓器が正しく反応し、働くためにとても大切なものです。

★ 腸を超!調子よくする2種類繊維

繊維には、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」がありますが、モリンガにはこの2つとも含まれています。
しかもこの2つのバランスの理想といわれる「1:2」の比率で含まれています★。

「水溶性食物繊維」は便を柔らかくし、腸内での消化吸収を緩やかにすることで、血糖値の上昇を抑えます。
また、乳酸菌・ビフィズス菌など善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれます。

「不溶性食物繊維」水を吸収して膨らむことで腸壁を掃除しながら、食べカスも有害物質もまとめて排出してくれます。

 脳や神経を整え肝臓腎臓の働きを高める ギャバ

ギャバは脳や脊髄に多く存在します。
脳内の血流を促し脳細胞の代謝を高める一方、神経伝達物質の暴走を抑制する働きがあり、アドレナリンやドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の過剰な分泌を抑えます。
イライラやストレスを抑えリラックスし、頭すっきりに必要な栄養素です。

また栄養素代謝させる肝臓の働き、余分なものを排出する腎臓の働きを高め、栄養の循環とデトックスを助けます。

★ 身体を錆びさせな ポリフェノール

老化に大きくかかわる活性酸素を除去する抗酸化力に優れたp理フェノール。
その中でも抗酸化力のほかに、血管を丈夫にしたり、血圧の調整・血糖値を下げる効果もある「フラボノイド」をモリンガは多く含んでいます。

 

モリンガの美容へのパワー


★ 美肌&美髪

肌や髪は心身の状態の表れです。
身体の中や心の中は見えませんが、それを見える形になっているのが、一番外側にある最大の臓器といわれる肌と髪です。

もちろん紫外線を無防備に浴びれば、シミやしわはひどくなりますので、外的環境に気を付けることは大切です。
でも、そこにさえ気を付ければあとは、心と体が健やかであれば、その結果として体の一部である肌や髪も当然健やかで、あかちゃんがそうであるように、健やかな肌や髪はきれいです。

モリンガは前述のように、心身をパワーアップするのに効果的な栄養素をふんだんに含んでいます。
その結果として肌と髪もパワーアップさせます。

★ ダイエット

ダイエットも体のバランスが取れることでその結果として、実現できます。
美容にとっての外的環境に気を付けることと同じように、体を実際に動かすということは必要ですが、身体のバランスがとれると、生きているだけで使う基礎代謝がアップし、毎日の生活そのものがダイエットへのつながります。



 

地球環境にもパワフルなモリンガ


★ 成長の早いパワフルな木

モリンガは一般の木に比べて成長が早く、亜熱帯ではない日本でも、茎ごと葉を収穫しても1か月もすると元の大きさに戻り、また収穫をすることができます。

★ 20倍のCO2削減

そんなパワーをもったモリンガは、通常の木の20倍のCO2を消費します。
※大量のCO2を成長に必要とするため、山奥など生き物が少ない場所より、街中の人が多いところによく育つそうです。

★ 空気や水を浄化

モリンガの種やオイル含まれるたんぱく質には、空気汚染物質を引き寄せて固める働きがあります。
この働きにより水質浄化にも使われます。
汚れた水に、モリンガの種をいれてしばらく置くと、水が浄化され透明になります。